« 心に残っている演奏会を思い出す(その1)日フィルのサロメ | Main | ムーティ フィラデルフィア、悲愴・展覧会の絵(1981年6月11日)千葉文化会館 »

September 26, 2010

マリナー・N響シューマンプロを聴く(2010年9月26日)

今日は渋谷に父の見舞いに出ようと思い、そういえば、N響のマチネがあることを思い出し、
時間を合わせ出掛けた。
マリナーといえば、アカデミー室内管弦楽団、PHILIPSレーベルが定番で、
バロックから古典派までをカバーしたレコードが良く出ていた。
(管楽器のための)協奏交響曲は僕の愛聴盤だがそれもこの組合せ。

後に、ミネソタやシュツットガルトの音楽監督となったのだが、
何年か前にカプリッチョレーベルで、おそらくシュツットガルト放送響とのコンビの
ロマン派(ブラームスか?)のCDを聴き、思いのほかダイナミックな演奏に唸った覚えがある。

今回のシューマンプロも相性が実は得意のプログラムでは、と思った次第。

今日のプログラムは以下の通り。

 9月26日 | 日 | 開場 2:00 PM 開演 3:00 PM NHKホール
 第1681回定期公演 Aプログラム 


シューマン / 序曲、スケルツォとフィナーレ 作品52
シューマン / ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
シューマン / 交響曲 第3番 変ホ長調 作品97「ライン」
指揮|ネヴィル・マリナー

ピアノ|アンティ・シーララ


前プロは全く知らない曲、少し捉えどころがない。
盛り上がりもないわけではないのだが。

中プロは
シューマンのピアノ協奏曲。
以前エリック・ハイドシェックの演奏で一楽章冒頭でいきなり泣かされて・・・。
今日はまずまずの演奏だったと思うが、無茶苦茶感動すると言ったところまでは行っていない。


メインはライン。

1楽章、なかなか元気。
とうとうと穏やかに流れるラインではなく、多少水嵩が多く、時折白波も見えるラインと
行ったところ。勿論荒れ狂っているというわけではない。
2,3楽章はとばして、
4楽章のフーガは大聖堂をイメージとプログラムにあるが、まさにそうした印象。
5楽章も明るく生き生きとして、暖かい演奏振り。最後はちゃんと盛り上がって、
小さく溜めを作ってきれいに終わった。

良い演奏をきいたなあという気持ち。
マリナーも84歳だそうだが、そうは見えない。普通に歩いて出てきて、
立って指揮してお元気である。

N響の金管陣も若返りが成功しているのではないか。
ホルンもペットも問題なかったと思う。


|

« 心に残っている演奏会を思い出す(その1)日フィルのサロメ | Main | ムーティ フィラデルフィア、悲愴・展覧会の絵(1981年6月11日)千葉文化会館 »

Comments

When someone writes an article he/she keeps the thought of a user in his/her mind that how a user can know it. So that's why this piece of writing is perfect. Thanks!

Posted by: league of angels official hack cheats site | June 13, 2014 at 10:20 AM

Hi there, I read your blogs daily. Your story-telling style is witty, keep it up!

Posted by: Clash of Clans Hack | September 13, 2014 at 07:13 PM

Please let me know if you're looking for a article writer for your weblog. You have some really good posts and I feel I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd really like to write some articles for your blog in exchange for a link back to mine. Please send me an email if interested. Kudos!

Posted by: Hay Day Hack | September 14, 2014 at 12:19 PM

I like the valuable information you provide in your articles. I will bookmark your weblog and check again here frequently. I'm quite sure I will learn plenty of new stuff right here! Good luck for the next!

Posted by: Octavio | September 15, 2014 at 05:13 AM

It's very trouble-free to find out any matter on net as compared to books, as I found this paragraph at this site.

Posted by: Hay Day Hack | September 23, 2014 at 06:38 AM

I must thank you for the efforts you have put in writing this website. I really hope to view the same high-grade blog posts by you later on as well. In truth, your creative writing abilities has motivated me to get my very own site now ;)

Posted by: methode lafay Femme | October 02, 2014 at 11:35 AM

You're so interesting! I don't believe I've read through something like that before. So great to find another person with some original thoughts on this topic. Seriously.. many thanks for starting this up. This website is something that is required on the web, someone with some originality!

Posted by: Jeanna | October 03, 2014 at 12:27 AM

Hi there very nice web site!! Man .. Beautiful .. Wonderful .. I will bookmark your blog and take the feeds also? I am satisfied to find numerous helpful information right here in the post, we need develop more strategies on this regard, thank you for sharing. . . . . .

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 02:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92629/49571121

Listed below are links to weblogs that reference マリナー・N響シューマンプロを聴く(2010年9月26日):

« 心に残っている演奏会を思い出す(その1)日フィルのサロメ | Main | ムーティ フィラデルフィア、悲愴・展覧会の絵(1981年6月11日)千葉文化会館 »