« January 2011 | Main | March 2011 »

February 26, 2011

コンヴィチュニー演出良かった!二期会サロメ(2011年2月26日)

「サロメ」
オペラ全1幕
字幕付き原語(ドイツ語)上演
原作:オスカー・ワイルド
ドイツ語台本: ヘドヴィッヒ・ラッハマン
作曲:リヒャルト・シュトラウス

会場:東京文化会館 大ホール
2011年2月26日(土)14:00

スタッフ
指揮: シュテファン・ゾルテス
演出: ペーター・コンヴィチュニー

舞台美術・衣裳: ヨハネス・ライアカー
照明:   マンフレット・フォス
演出助手: ロッテ・デ・ビール、澤田康子

舞台監督: 幸泉浩司
公演監督: 多田羅迪夫
キャスト
配役  
サロメ         大隅智佳子
ヘロデ         片寄純也
ヘロディアス      山下牧子
ヨカナーン       友清 崇
ナラポート       大川信之
ヘロディアスの小姓 田村由貴絵    
5人のユダヤ人1   高田正人
5人のユダヤ人2   菅野 敦
5人のユダヤ人3   新津耕平
5人のユダヤ人4   加茂下 稔
5人のユダヤ人5   畠山 茂
2人の兵士1     井上雅人
2人の兵士2     倉本晋児
2人のナザレ人1   北川辰彦
2人のナザレ人2   櫻井 淳
カッパドキア人    千葉裕一
奴隷          遠藤千寿子
管弦楽:東京都交響楽団


 この公演、コンヴィチュニー演出ということで興味津々だったのだが、
サロメは去年見たばっかりだし見送ろうと思っていたところ、直前に安い券種が
手に入ったため観に行くことにした。

さて、今日は一番の興味はコンヴィチュニーの演出。
前に一度、アイーダをオーチャードで見たときは、
抽象的なシンプルな演出。でも心理的なところはちゃんと感じられたので
意外と好感を持った記憶があった。

そして今日。
アバンギャルドだったり、エログな表現があったり・・・。
でも何がうれしいって、ここまで過激な演出(芝居)を日本人が衒いもなく
演じるところが見られたのこと!
いつもオペラを見ると、日本人は演技らしい演技もしないことに
物足りなさを覚えて仕方なかった。

今日はコンヴィチュニーというブランドがついているせいか
過激な演技に対応可能な歌手を選んだということか、
演技がちゃんとつけられ、皆がきっちり演技していた。
二期会がこのような上演をすることは価値があると思う。
演技に関してはブラビー!

演出内容について:
もともとサロメのオリジナルが大して面白くないので
次はどうなるのだろう、と興味が尽きない今日の演出は
悪くないと思う。
途中まではエログロ。
意表をついて、最後は崇高な愛の物語に・・・。

歌手について
総じてみな頑張っていたと思う。

サロメの大隅智佳子 は頑張っていた。
ヨカナーン友清 崇   が好演。
ヘロデ王 片寄純也は最初はもうひとつだったが、徐々に声が出ていたと思う。

オーケストラについては良かったと思う。
が、主に意識が演出に向かっているから、オケにまで細かく意識を配れない。
(これは、僕の鑑賞能力の問題)
しかし、新鮮な響きも時折聞こえ、不満に思ったところもないことから
レベルは高かったと思う。

良い経験のできた今日のサロメでした!

| | Comments (103) | TrackBack (0)

February 20, 2011

歌姫チョーフィ、新国立劇場の「椿姫」を聴く(2011年2月20日)

新国立劇場
ヴェルディ 「椿姫」
■2011年2月2月20日(日)
【指 揮】広上淳一
【演 出】ルーカ・ロンコーニ
【装 置】マルゲリータ・パッリ
【衣 裳】カルロ・マリア・ディアッピ
【照 明】セルジオ・ロッシ


【ヴィオレッタ】パトリツィア・チョーフィ
【アルフレード】ウーキュン・キム
【ジェルモン】ルチオ・ガッロ
【フローラ】小野和歌子
【ガストン子爵】樋口達哉
【ドゥフォール男爵】小林由樹
【ドビニー侯爵】東原貞彦
【医師グランヴィル】鹿野由之
【アンニーナ】渡辺敦子
【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

1幕目、ヴィオレッタの声がどうも怪しい。
今日のチョーフィは1幕目は不調だったのではないか。
そもそも第一声から少しかすれていたように聞こえた。
有名な「そは彼の人か」から「花から花へ」のところの
コロラトゥーラも声が転がらない。
正直、これからどうなるのだろうと不安でどきどき。

キムは美声。やわらかい声のテノール。
声量も十分。
でもちょっとやわらか過ぎ?
人の良さそうなキのアルフレードだが3幕目の怒りの場面でも
まだおっとりした感じ。
緊迫感や感情表現などが伝わるともっと良くなりそう。

2幕目
ジェルモン、ガッロ登場。
これもどうも役と声質が合っていないのではないか?
若々しいジェルモンでジェルモンらしい貫禄や威厳が
不足していたように感じる。

再びチョーフィ。
2幕目から見違えるように声が自然に出る。
2,3幕目も歌いっぱなしだが、1幕目ほど負担がかかる場面がなく
いい意味で力を抜いて流している感じ。

4幕
チョーフィの演技力が光る。
死を前にしたヴィオレッタの絶望、怒り、希望、喜び、悲しみが
感情豊かに表現される。
歌と演技が一体となっている。

指揮は広上淳一
遅めのテンポだが東響をよくドライブしていたと思う。
東響も良い演奏だった。特にチェロ。弦楽パートの出来が総じて良かった。

終わってみれば、チョーフィの独り舞台。
彼女の演技力に脱帽。
良い椿姫でした!


| | Comments (138) | TrackBack (0)

重戦車!マリインスキー歌劇場、トゥーランドットを聴く(2011年2月19日)

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」
イタリア語上演/日本語字幕付
2011年2月19日(土) 14:00開演
NHKホール

・スタッフ
台本:ジュゼッペ・アダーミ/レナート・シモーニ
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
演出:シャルル・ルボー
舞台美術:イザベル・パルティオ-ピエリ
衣裳:カティア・デュフロ
照明:ウラジーミル・ルカセヴィチ
振付:ドミトリー・コルネーエフ

・キャスト

【カラフ】アフメド・アガディ
【トゥーランドット】マリア・グレギーナ
【リュー】ナターリア・ティムシェンコ
【ティムール】ユーリー・ヴォロビエフ
【皇帝アルトゥム】ヴィクトル・ヴィフロフ
【ピン】アンドレイ・スペホフ
【ポン】オレグ・バラショフ
【パン】アレクサンダー・ティムチェンコ


今日は初マリインスキーオペラ。
最初に音が出て、その重戦車のような音に驚かされる。面白い。ゲルギエフ・マリインスキー歌劇場オーケストラの演奏では中国の話でなくてロシアの話に聞こえる。
メロディーは確かにいつものあの音楽なのだが、違う音楽に聞こえるぞ。

歌手陣は意外と凡庸。
リューのティムチェンコは美人だが普通。
カラフのアガディも悪くはないのだが、そこまで。
そして今日のワントップ、マリア・グレギーナ、
残念ながら体調不良とかで高音の音程がとれない。
うーーーん、とても残念。

本来ならば、怒りを覚えても不思議はないのだが
感心したのは、声量。こんなに調子が悪そうなのに
声量の点では他を圧倒。
中・低域の音域まではすごい歌を聴かしてくれた。
だから、ベストコンディションだったら一体どんな歌が聴けたのだろうと思わずにはいられなかった。
だから、怒りというよりも残念に思う気持ちのほうが強かった。いつか絶好調のグレギーナを聴いてみたい。

他の歌手は凡庸で演出もあまり新味を感じられなかった。ピン、ポン、パンのくだりは、いつも感じることだが長すぎると思った。主役たちの動きが止まっているシーンが多すぎる。
これがトゥーランドットの難しいところ・・・。

今日は気分的には不完全燃焼だけど、
ゲルギエフとマリインスキーオーケストラの重量級のサウンドとグレギーナのすごさの片鱗を感じたことを収穫としよう。
こんな日もあるさ。

| | Comments (404) | TrackBack (0)

February 13, 2011

フェドセーエフ・東フィル、ペトルーシュカ他を聴く(2011年2月13日)

今日はフェドセーエフ指揮、東フィルの演奏をオーチャードホールで聴いた。
今日は3階、左サイドのステージ寄りの席。

バランスがいいとは思えない席だが昨日の何倍も良かった。

プログラムは前半がドボルザークのチェロ協奏曲、後半がストラビンスキーのペトルーシュカ。
前半のドボルザークのチェロはアレクサンドル・クニャーゼフ。スケールの大きな自由奔放なチェロ。ちょっと自由過ぎかと思ったが、楽しい。フェドセーエフはオケだけのところでは完璧にドライブしきっていた。チェロが入ると、オケと合わせるのに結構苦心していたように見えた。
プログラムを読むと今日のチェロと指揮者の組み合わせでドボコンのCDも出しているそうなので、いやいや共演したわけではない筈だが。

今日はチェロのアンコールがあった。
バッハ無伴奏チェロ組曲、第一番よりプレリュード。
これが滅法良かった。
小声で囁くように曲を始める。大げさな感じでなく、さりげない等身大のバッハというか…。


後半はストラビンスキーのペトルーシュカ。

比較的遅めのテンポ。フェドセーエフは自分の音楽を全て棒で表していたように見えた。フェドセーエフはオケを完璧にドライブし、オケも指揮に良くついていた。

ソロも上々の出来。
フルートは本当に素晴らしかった。
トランペットも良く頑張った。
ピアノのソロも良かった。
フェドセーエフの指揮振りの格好良かったこと。
ああ、シェーラザードも聴きたいな。


| | Comments (243) | TrackBack (0)

February 12, 2011

N響、マーラー交響曲第3番を聴く(2011年2月12日)

マーラーの3番は長大な曲だが、マーラーの交響曲の中では好きな曲。
チョン・ミョンフンも好き方のな指揮者だったので楽しみにしていたが・・・。

今日の演奏は納得出来なかった。
好みの問題かも知れないが、1楽章、6楽章のテンポがどうにも遅過ぎる。
緊張感や迫力などを感じられれば遅くても良いだろうが、残念ながら僕は
特別なものを感じなかった。
爆発的な表現もなく、僕には凡演に聴こえた。

その中で良かったのは藤村美穂子。抜群の存在感。
大編成をバックにいささかの声量の不足もない、深みのある歌声。

凡演に感じたのはN響管楽器陣の責任も大きい。
特にトランペットとオーボエは余りに酷い。
この人たちはプロなのにまともに吹けないのだろうか?
ミスをすることに恥を感じないのだろうか?
この国最高と言われるオーケストラがこれでよいのか・・・。

今日の演奏は残念だったが、もしかすると
演奏に迫力を感じなかったのはNHKホールと僕の席の所以かも。

今日の席は2階の後方の壁際。B席。
オーケストラの音が響いてこないのに、近くの雑音がやたらとよく聞こえる。
前の人の足の組換えの音とか・・2つ前の席の小声で話す声が低く妙に響いたりとか。
雑音だけが席の周りで響いて聞こえる。

前日のすみだトリフォニー、ステージで演奏していたコントラバス1本の音が
あまりよく響いていたので驚いたが今日は逆の意味で驚くしかなかった。

こんな日もあるさ。


| | Comments (163) | TrackBack (0)

軽やかなベト5、ブリュッヘン・新日フィルのベートヴェンを聴く(2011年2月11日)


Beethoven Project 第2回
 (新日フィル+すみだトリフォニー)
 指揮:フランス・ブリュッヘン
 新日本フィルハーモニー交響楽団

 ベートーヴェン作曲:交響曲第4番 変ロ長調 op.60
 ベートーヴェン作曲:交響曲第5番 ハ短調『運命』 op.67

僕にとって、フランス・ブリュッヘンといえば18世紀オーケストラとのコンビのCDの印象。
古いかなぁ。
昔の記憶では、古楽オケ・指揮者の中ではかなり刺激的な演奏をするイメージだった。
テンポは速く強弱が極端で少し荒っぽいような・・・。

もしかすると全くの記憶違いだったのかも・・・そう思わされる演奏でした。

まず1曲目。交響曲4番。
1楽章の最初、アインザッツが乱れ気味で演奏が始まる。
ゆっくり目のテンポで緊張感のある音楽・・・。
2楽章以外は案外普通に感じた。
編成もそれほど薄くなかったし、出てくる音も特別な印象覚えず・・・。

僕の好みと合わないかなぁ?

気を取り直して休憩後の5番。

これは楽しかった。
演奏を聴いてて、
「あー練習できてるなーー。」と思った。
4番より合奏の質が高い。
1楽章の冒頭も気持ちよく合う。
ブリュッヘンの指揮に付いて来ている。

今日の演奏、ブリュッヘンの指揮、
聴いていてとてもさわやかに感じる。
ベートーヴェンの演奏にありがちなちょっとしたリタルダンドや
フェルマータのようなテンポの揺らしや「ため」がほとんどない。
(オケが時々揺れちゃってずれを感じたところもあったが)
では平板なのかというとそうでもない。
むしろ、2楽章や4楽章でも、弾んだ様な音型を感じるところがあった。
とてもリズミカル。ベト5でこんなことを感じたのは初めて。

ほかにも3楽章から4楽章へつながるところのティンパニや
内声部の木管の音が浮かび上がったり、とても面白い。

ということで、今日は特にベト5が大満足。
ブリュッヘンのベートーヴェンは生き生きとさわやかな音楽。
新しい発見もできた素敵な演奏でした。

追)
4番の時も5番でもだが、
演奏が終わってすぐに拍手をする輩がいる。
余韻も何もなく。
このようなことを野放しにすると、楽団もホールも品位が落ちると思う。
また、演奏の途中で鈴の音が。
鈴、演奏しないでいいから!飴の開ける音と鈴の音、本人罪の意識ないんだろうな。


| | Comments (90) | TrackBack (0)

February 02, 2011

太田裕美の発見

先日、ここに書いたが、数枚のLPを入手。
今日、その中の1枚、太田裕美の「こけてぃっしゅ」
B面に針を落として驚いた。

これって、ボサノバ?クレモンティーヌが歌ってもよさそう。
でもクレモンティーヌにも負けてないよ。
気に入ったのはSIDE Bの1曲目 恋愛遊戯の感想。
僕にはこれがベスト。
次に同2曲目トライアングル・ラブやSIDE A 1曲目の夏風通信。
70年代歌謡の世界、9月の雨もやっぱいいわ。


作詞はすべて松本隆、作曲はすべて筒見京平。
もちろんおなじみの感じの曲もある。
木之内みどりやキャンディーズでなじみのあのメロディあの編曲。

でもまったく別の抽斗も持ってて変幻自在。
太田裕美の舌足らずの歌い方や裏声を生かした高音など
作詞、作曲、歌が三位一体となっている。、

太田裕美といえば、僕にとっては
木綿のハンカチーフとその後何曲かのシングル、
そしてさらばシベリア鉄道だったのだが
ここでの太田裕美も大変魅力があって大いに楽しめた。

これがあるから中古盤あてずっぽ買いはやめられまへん。

追)木綿のハンカチーフ、中学校1年3学期、安藤君の送別会のとき
僕が罰ゲームとして、クラスみんなの前で歌った曲であります。


| | Comments (1572) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »