« November 2011 | Main | January 2012 »

December 25, 2011

大野の第九で今年の締めくくり(2011年12月25日)

2012年12月25日(日) 14:00
都響スペシャル「第九」
会場:東京文化会館

指揮:大野和士
ソプラノ:天羽明惠
メゾソプラノ:小山由美
テノール:市原多朗
バリトン:堀内康雄
合唱:東京オペラシンガーズ

ブラームス: アルト・ラプソディ――ゲーテ「冬のハルツの旅」による
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」

前プロはブラームス、アルトラプソディ。メゾソプラノは小山由美。小さめの編成だったがオーケストラの音が深くいかにもブラームスと思わせる。小山の歌声も深く豊かで心にしみる。心の傷をやがて慰めるというこの曲、震災で傷ついた年の締め括りの演奏会に相応しい選曲。

ベートーヴェン交響曲第9番。1、2楽章は大野にしてはマッシブな演奏に聴こえた。もっと繊細に音楽を作る人のイメージだが。3楽章も美しいが早目にのテンポ。そしていよいよ終楽章。僕はまだこの曲を歓喜の歌としては聴けない。この終楽章はこんなにも宗教音楽のようだったか。そこには祝祭的な歓びは感じられない。そこにあったのは祈りであり救済に思えた。春のメータ/N響の演奏を引きずっているのか・・・。しかし最後はテンポが上がり都響も熱演。やっと高揚することができた。合唱は何という力強さ。プロによる合唱はかくも締まった揺るぎのないものなのか。彼らの歌声が痛切に胸に迫った。1楽章からの強い音楽がこの4楽章の合唱で結実したように感じられた。素晴らしい演奏でした。

| | Comments (469) | TrackBack (0)

December 24, 2011

熱演!インバル・都響ショスタコ祭り第二弾!(2011年12月20日)

第727回 定期演奏会Bシリーズ
会場:サントリーホール

指揮:エリアフ・インバル
ヴァイオリン:ジュリアン・ラクリン

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 ニ短調 「1917年」

先日のチェロ協奏曲も暗くて難解だったが、この日のヴァイオリン協奏曲も
やはりわかり易いとは言えず。ラクリンのテクニックも抜群だったが、サントリー平土間後方から2列目の
僕にはどうも胸に迫るところまではいかなかった。
この間のチェロは至近距離だったので音も飛んでくるし指の動きも丸見えだったが、今日はそうはいかない。
オケ伴も低音は結構飛んでくるが1stヴァイオリンはそれほどでもなく。ソロも音がそれほど大きい方ではないかな?気合を入れて引いているほどには聴こえてこなかった。まあ、曲を良く知らないからえらそうなことも語れない。以前ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲は竹澤恭子で聴き、その迫力(テクニックも含め)に感動したが。

今日はアンコールがあった。J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番からサラバンド
最近、チェロやヴァイオリンのアンコールはほとんどバッハ。これをやられると弱いんだ・・・。


休憩後はショスタコ12番。
1-4楽章まであるが、切れ目なく演奏される。あまり知らない曲だから、あまりうれしくない。
そしてどうも曲そのものが中間2,3楽章に当たる部分が弱い気がする。同じモチーフで循環形式のような曲だが
緊張感ある導入と盛り上がる結末部があると、中間はやはりメリハリがほしいし、そのためには楽章が切れている方が、私のよいうな素人には楽しみ易い。この曲は楽章ごとに表題があるが、音楽ではそれほど表題性を感じないしインバルも純音楽的なアプローチを行っている。

演奏は協奏曲から交響曲へかわりオケもフル編成となり、協奏曲の時には控えていた音をフルに出してくるとまさしくオーケストラ音楽の醍醐味。フィナーレは畳み込むようにしてインバルも煽るし、都響も熱く演奏で応える。ヒャー!やっぱりすごい!楽しい。インバルもうれしそう。本当にインバルの手足というか指揮のままに演奏が具現化されている。都響はトランペット等の金管群も安定していてこのような曲も安心してというか心から楽しむことができる。外来オケとの差は音色の豊かさと管楽器の充実度でそれを感じることが多いが、都響はもしかするとその点においても負けていないんじゃないか・・・。弦楽器の一人ひとりの音量とニュアンスでは差があるにしても。
思った以上に楽しむことができた。


| | Comments (121) | TrackBack (0)

December 17, 2011

今年の観たオペラ私的ベスト5+1。

今年はかつてないほど、オペラ公演を観た。マニア・オタクみたいな方とは比較にならないだろうし引っ越し公演は金銭的理由からあまり手を出していない。それでも、23演目、25公演も観ることができた。(演奏会形式含む)こんなに観たのは初めて。二度とないかも。
せっかくこんなに行けたので自分のベスト5を選んでみよう。いかに心に残ったかだけを基準に遊んでみた。異論だらけと思うが個人的な遊びなのでご容赦下さい。

1/4 新国立劇場 トリスタンとイゾルデ
大野の指揮も良かったが、歌手も揃っていた。演出はオーソドックスで動きが少ないがこれは曲が要求したもの。新国立はワーグナー公演にはいつもお金をかけているみたい。
6/6 新国立劇場 蝶々夫人
この公演、公演自体のレベル云々で選んだのではない。イブ・アヴェル指揮のオーケストラ演奏があまりに素晴らしかったのだ。プッチーニの音楽があまりに豊かでまるで、管弦楽曲を聴いているよう。歌は主役の癖は気になったが日本人歌手陣が素晴らしかった。
9/9.11藤原歌劇団 セヴィリアの理髪師。男シラグーザの歌唱に涙。ゼッダ翁の好サポートも素晴らしい。シラグーザは別公演のキャンセル歌手の代役の為のオーバーワークで明らかに調子が悪かった。にも関わらず1幕のセレナードの軽く優しい歌声と言ったら!彼こそ。アルマヴィーバ マスターである。
10/9.15 新国立劇場 サロメ
この公演、外題役のエリカ・ズンネガルドに骨抜きにされてしまった。サロメというとイゾルデの声を要求とかで、とても16歳の少女を感じたことがなかった。この公演、サロメが少女っぽいのである。彼女はイゾルデタイプではなく、声も太くない。だがホールに気持ちよく響き全く不足感はなかった。演技も上手く素晴らしいサロメだった。指揮のヴァイケルトも代演と思えない要所を押さえ時には大いに盛り上げた素晴らしい演奏だった。
11/23 二期会 ドン・ジョバンニ
今年は二期会公演、レベルが高かった。今までいつもキャストの穴や演技の限界を感じ、日本人ならこんなものと諦めていたが.今年は何か突き抜けていた感じがある。このレベルなら海外からのドサ回り公演どころか新国立と真っ向勝負ができるのでは?ドン・ジョバンニ以外サロメ、トゥーランドットが心に残った。
この日もカロリーネ・グルーバー演出が素晴らしく演技の質も高かった。そして歌手が揃っていた。特にドン・ジョバンニの黒田博とエルヴィーラの佐々木典子が素晴らしい歌唱、存在感。彼らの存在感ある歌唱のお蔭でこの演出が見事に成立した。
次点 北とぴあ国際音楽祭 コジ・ファン・トゥッテ。古楽器使用のオペラというだけでも貴重。ドラベッラ役ローラン・マメリとアルフォンソのフルディオ・ベッティーニが素晴らしかったが他の歌手も含め粒揃い。演奏会形式でありながら丁寧に演技がついているので十分満足で北区による意義のある公演。

| | Comments (103) | TrackBack (0)

December 16, 2011

熱っ!やけどするぜ!都響、インバル、ショスタコ5番(2011年12月12日)

東京都交響楽団
第726回 定期演奏会Aシリーズ
日時:2011年12月12日
会場:東京文化会館
指揮:エリアフ・インバル
チェロ:ガブリエル・リプキン
ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番 ト長調
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調

今日は東京文化会館の前から4列目。
前プロはショスタコチェロコン2番。晩年に近い曲相当暗いし現代音楽的なひびきリズムもふんだんなのでとっつき易くない。
それでも最後までしっかり聴けた上に感動までさせられるとは。リプキンのテクニックだけではない多彩な音と深い音楽性に脱帽。ほんとに色々な音楽の引き出しを要求される曲だが、曲の要求に的確に応えていく。
深みのある音だが冷静な演奏。間違いなく名演!そしてチェロだけでない。都響の合奏能力もすごい!この曲の複雑な響き、リズムを易易とチェロに合わせて曲を作り上げる。初めて聴く取っ付きにくい曲だったが、十分に楽しむことができた。
惜しかったのはインバルが手が下ろされる前に一部から拍手が始まってしまった。インバルはいやな顔してたよ。ちょっと驚いたみたい。こういう人を取り締る方法はないものだろうか・・・。
ショスタコーヴィチ交響曲第5番 普段から気合いの入っている都響だが、今日はまた凄かった。オケ全体に漲る集中力。これが間違いなく客席にも伝わってくる。
今日の演奏、早め比較的淡々としていた1楽章、グロテスクな諧謔の2楽章、美しく精緻な3楽章、爆発的な終楽章。どこをとっても聴きどころだった!で、僕が一番好きだったのは今日は2楽章。諧謔的なスケルツォだが、インバルは、普段聴こえにくい音をあちこち取り出しては強調。バイオリンのソロでさえ不気味に変形させている。歪(いびつ)でグロテスクなワルツになっていた。諧謔を強く表現するとこうなるんだ、と納得させられた。
また、ここも良かった。 3楽章。チェロの美しいメロディ、裏で1st Vnが細かく刻んでいたりするのだが矢部コンマス以下渾身の刻み。別にffではないし大きな音を出しているわけではないがこの集中力。何という一体感!ここでこうならば爆発的な終楽章で燃えない訳がない。矢部コンマス懇親の全弓使い!熱すぎるぜ!というわけで今日の演奏会大満足。 インバルと都響、相互の信頼感を感じることができた。今後の共演がますます楽しみになった!

最後に、今日の配置で面白いと思ったのは2台のハープが1st Vnの後ろの最前列にいたところ。埋れがちなハープを随所で強調していた。

| | Comments (121) | TrackBack (0)

December 11, 2011

2011年新国立劇場オペラの千秋楽「こうもり公演」(2011年12月11日)

新国立劇場「こうもり」
Johann Strauss II : Die Fledermaus
ヨハン・シュトラウスⅡ世/全3幕


スタッフ
【指揮】ダン・エッティンガー
【演出】ハインツ・ツェドニク
【美術・衣裳】オラフ・ツォンベック

キャスト
【ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン】アドリアン・エレート
【ロザリンデ】アンナ・ガブラー
【フランク】ルッペルト・ベルクマン
【オルロフスキー公爵】エドナ・プロホニク
【アルフレード】大槻孝志
【ファルケ博士】ペーター・エーデルマン
【アデーレ】橋本明希
【ブリント博士】大久保光哉
【フロッシュ】フランツ・スラーダ
【イーダ】平井香織

【合 唱】新国立劇場合唱団
【バレエ】東京シティ・バレエ団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

1週間ぶりの新国立劇場。今年もオペラは見納め。1/4、トリスタンとイゾルデを見てからいろいろあったなぁ。
特に震災と原発事故が残した爪あとは大きいし、今でも歌手のキャンセルは続いている。それでも演目が飛んだのがひとつで済んでとりあえずはよかった。

さて「こうもり」だが、先週とほとんど感想、コメントは変わらず。
序曲は先週と比べると少し、シュトラウスらしくなったというか、エレガントに、ウイーン風に、踊れるワルツに近いというか・・・。それでも序曲を疾風怒濤のごとくきスピードと迫力を以って締めくくるところは変わらず。やはりそこはエッティンガーだ。
1幕はせりふが多めで先週聞いたギャグもまだ耳に残っているので、ちょっと僕は乗れず。でも会場はちゃんと受けていた。2幕からは僕も暖まってきて音楽に乗れてきた。
2幕、男性バレーが踊るシーン、アイゼンシュタイン(エレート)は同じような動作で一緒に踊って見せていた。なんと献身的な。彼はアドリブや日本語シーンなども高いレベルでこなしていてコメディアンのよう。フランクのベルクマンも結構太っているのに動きに切れがある。二人でカンカンを踊るところなどよく足を上げると感心。

今日一番拍手を貰っていたのはエレート。
次がオルロフスキー役のプロホニクかな?彼女も雰囲気があるので惜しい。もうほんのちょっと歌で惹きつけてくれれば申し分のないオルロフスキーになるのだが。

しかし、色々あった年の最後がこのようなハッピーエンドで笑える音楽だったのは幸い。僕も幸福感を抱いたまま
帰ることができた。新国立劇場の皆様お疲れ様でした。来年もよい公演をお願いします。

| | Comments (142) | TrackBack (0)

N響&デュトワのバルトーク「青ひげ公の城」(2011年12月10日)

12月10日 | 土 | 開場 2:00 PM 開演 3:00 PM NHKホール
第1716回定期公演 Cプログラム
ブラームス / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
バルトーク / 歌劇「青ひげ公の城」作品11(演奏会形式)
指揮|シャルル・デュトワ
ヴァイオリン|リサ・バティアシュヴィリ
青ひげ|バリント・ザボ
ユディット|アンドレア・メラース

前半はブラームスのVnコンチェルト。どうも乗れない。たぶん自分のせいだが。デュトワでブラームスか・・・、と思ったらあまりちゃんと聴けなかった。Vnも美しかったが。先週の疲れも出てごめんなさい、といった感じ。

後半、前半がそんなで楽しめなかったのでちょっと心配だったが杞憂に終わった。
冒頭の「吟遊詩人の朗読」のバリント・ザボの声を聴きすでに名演を予感した。朗々と響く声、緊張感。
そしてこれからおこる出来事への不安を感じさせるオケの音。いやーーバルトークだ!
ユディット役のンドレア・メラースが素晴しい。、声量、表現力申し分なし。青ひげへの不安と愛情をものの見事に表現。ザボの青ひげも途中横を向いた時は少々聴きづらいところもあったが殆ど問題ない。青ひげらしい声に満足。
N響も今日は良かった。もっと鋭いバルトークが好みだがデュトワではそうならない。不協和音を思い切りぶつけて音を飽和させることはしない。例えバルトークでも。不協和音でもちゃんと収まりがついているというか、音が汚れないのだ。それでもバンダ隊をオルガン席にぎっしり並べてのトゥッティは大迫力。ある種の痛快感、爽快感は確かにあった。今日は木管はあまり目立たず。金管、パーカッション陣が大熱演。久々にN響の凄みを感じた。これがあるからN響も見捨てられないんだな。

| | Comments (423) | TrackBack (0)

初白寿ホール、バロック・オペラ(ラモー)を聴く(2011年12月9日)

白寿ホール リクライニング・コンサート
2011年12月9日[金]19:30
◎ラモー:オペラ・バレ「優雅なインドの国々」より 抜粋
出演
バロック・アンサンブル
鈴木優人( 指揮・演出・チェンバロ)
野々下由香里( ソプラノ) 築城玲子( フラウト・トラヴェルソ)
三宮正満、森綾香( オーボエ)
若松夏美、荒木優子( ヴァイオリン) 成田寛( ヴィオラ)
平尾雅子( ヴィオラ・ダ・ガンバ) 西澤誠治( ヴィオローネ)他
黒田育世( コンテンポラリーダンス)

白寿ホールの約60分のコンサート。一度白寿ホールのコンサートを経験してみたいと思っていたが平日多いのでなかなか機会がなかった。
バロック音楽はもともとそれほど得意ではない。どれを聞いても同じように聴こえることが多い。それなのに最近バロックのCDに手を出しているのは、オーディオ的な興味から。また(バロックに限らないが)ピリオドアプローチの演奏には惹かれている。意外な美しさ、音の新鮮さを感じる。そんな不純なバロック音楽鑑賞。今日も小編成(10名)の演奏ではあるが楽しく聴くことができた一番感心したのは、やはりソプラノ。小さめのホールがノンビブラートの美しい高音で満たされる。さほど声を張った感じはないのだが、ホールの空気一杯に声が広がるのだ。これが、自分の体にも共鳴するように響いて不思議な快感がある。何度か身体がピリッと来た。癖になるかも!オペラとしては筋らしい筋はないし?なのだが、それでも歌詞に歌の表情は呼応しているようだ。アンサンブルも立派だが
正直、音楽としての表情とかはもう少しつかないものだろうか?と思ってしまう。これはこの日の演奏の問題ではないと思うが。(ここがどうもバロックの苦手なところ。感情が移入しにくい)

公演はコンテンポラリーダンス付き。最初は理解出来ないし少し滑稽な気もして馴染めなかった。しかし慣れてくると肉体表現の純粋さ、背、肩の筋肉のエロティックさ、止まったポーズに込められた力強さに思わず見とれる。60分コンサートとはいうものの少し時間超過していたようだ。
それにしてもなかなか素敵な空間で、よいものを見聴きできたと 満足。
追)帰り道、小田急代々木八幡までの道はおしゃれなレストラン・バーだらけ。驚いた。次はかみさんを連れて来なくては!

| | Comments (129) | TrackBack (0)

エッティンガー節炸裂!楽しかった!新国立劇場「こうもり}(2011年12月4日)

新国立劇場「こうもり」
Johann Strauss II : Die Fledermaus
ヨハン・シュトラウスⅡ世/全3幕


スタッフ
【指揮】ダン・エッティンガー
【演出】ハインツ・ツェドニク
【美術・衣裳】オラフ・ツォンベック

キャスト
【ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン】アドリアン・エレート
【ロザリンデ】アンナ・ガブラー
【フランク】ルッペルト・ベルクマン
【オルロフスキー公爵】エドナ・プロホニク
【アルフレード】大槻孝志
【ファルケ博士】ペーター・エーデルマン
【アデーレ】橋本明希
【ブリント博士】大久保光哉
【フロッシュ】フランツ・スラーダ
【イーダ】平井香織

【合 唱】新国立劇場合唱団
【バレエ】東京シティ・バレエ団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

序曲からエッティンガー節炸裂!テンポはいじるはオケを煽るは・・・。オペレッタの風情にはかけるかも知れない。でも音楽的には面白い。テンポを縦横に操り比較的厚めの音で音楽を作る。序曲の最後は疾風怒濤!楽しい!でも早くもブーが飛んでいた。序曲から「ブー」って。少しは我慢しなさいよ。ほかのお客の気分を害すじゃない。

エッティンガー、幕が上がっても結構お構いなしで鳴らしてます。そして、出演者は皆お芝居が上手。歌より演技で選んだ?と思えるくらい。こうもりはせりふも入るし笑わせないと話しにならないから。歌は歌でおいしい曲が目白押しだが、お芝居が非常に重要。今回の公演、期待に応えていたと思う。前回の公演(2009年1月)、こんなに笑ったっけ?と思えるほどちゃんと笑わせてもらった。日本語によるくすぐりは喜劇ではお約束だが、これでもかと言う位入っていてびっくり。アイゼンシュタインは結構日本語ギャグが多かったのだが立派にこなして見事。2幕、アデーレ姉妹は日本語で会話していた。こんなの有り?原語上演なのに?最初何が起こったかと思ったがここまでやってしまえばそれはそれで悪くない。バレエシーンは男女5組10名が優美に華麗に踊ってゴージャス。

で、肝心の歌だが歌手の粒は(小粒ながら)揃ったが歌で大いに感心させるほどではなかった。それが証拠に歌で一番受けたのはアデーレの橋本明希。 アイゼンシュタインはとにかく演技が達者。歌はみなまずまず。オルロフスキーは歌がもうひとつだったが、オルロフスキーの不思議な存在感を感じることができた。ロザリンデはチャルダーシュが見せ場だが、これもさほどよくはない。これって歌がすごいと本当に圧倒されてしまうのだが、今日は「こなした」程度かな?やはり、全体に腹を立てるほど不満に思う歌手はいなかったが、歌で感心させられる歌手もいなかった。それでも満足させられたのは歌手が俳優?と思えるほど演技がうまかったことと、エッティンガーの積極的な音楽。エッティンガーは一瞬たりとも歌手に自由に歌わせず、全部しっかり振っていた。ところどころ指揮と歌手の歌にずれが生じたところも有った。もう少し歌手に合わせたり音楽を纏める方にも気を使ったらとも思うが、それでもエッティンガー流の生気に満ちた熱い音楽は何物にも変え難い。私は大いに楽しむことができた。

| | Comments (160) | TrackBack (0)

December 04, 2011

トランペットにがっかり、東響ペトルーシュカ(2011年12月3日)

第595回定期演奏会
2011年12月3日6:00p.m
サントリーホール
指揮:ギュンター・ノイホルト
ピアノ:舘野泉

1曲目、バッハ プレリュードとフーガ変ホ長調(シェーンベルク編曲)はホルンの音がステージの一番左から出て来てびっくり。ベルがオケの後ろに向いていて反射した音がステージの左から聴こえたみたい。演奏はシェーンベルクっぽさは特に感じず。
2曲目は左手のためのピアノ協奏曲。舘野泉。独奏部分の美しさは格別。実際に右半身不随で左手でしか弾けないピアニストの演奏には独特の感慨があった。着かれきっているように見えたがさらにアンコール、カッチーニ /吉松隆編曲 アヴェ・マリア。こちらも協奏曲と同じく美しいところと目を瞑らねばならないところがあった。きわめて聴きやすいイージーリスニングであった。
メインはペトルーシュカ/1947年版。リズムが少々重め。フルートのソロが美しい。木管陣は自発的なアンサンブルで気持ちが良い。美しい音色の木管楽器陣の頑張りに頬を緩めていたのだが、トランペットがいかんともし難い。途中でよろよろしてから最後まで満足な演奏にならなかった。
今日はトランペットの不安定さが残念な演奏会となってしまった。



| | Comments (164) | TrackBack (0)

ウイーンっ子アルミンク面目躍如、シューベルト3番&シュミッット2番(2011年12月3日)

12月3日(土)14:00開演 会場:すみだトリフォニーホール

新日本フィルハーモニー交響楽団
第486回定期演奏会 
■プログラム
シューベルト作曲 交響曲第3番ニ長調 D.200
フランツ・シュミット作曲 交響曲第2番変ホ長調

■出演者
指揮:クリスティアン・アルミンク
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
シューベルトの交響曲3番。溌剌とした名演。1楽章はクラが大活躍。ちょっとモーツァルト風、小規模な2楽章を経て3楽章がアルミンクのいうブルックナー先取りの感じがでていた。中間部ブルックナー風から一転、ワルツになるが、和えて優美に振っていない。手廻しオルガンみたいな風情でこれもまたなかなか楽しかった。第4楽章、今度はロッシーニが聴こえてくる。もうニヤニヤ笑いがとまらない。シューベルトの3番でこんなに楽しめるとは!
楽しいシューベルトをありがとう!
メインはシュミット、交響曲第2番。いやはや大変な曲。いろいろな要素がこれでもかと詰め込まれている。気に入ったメロディが出たと思ったら気がつくとまた違う音楽に。いろいろな音楽 おごった煮。何もこんなに無理やり詰め込まなくてもと思う。あるいは、交響曲でなく組曲みたいにしても良かったかも。現代音楽的な難解さは無いがいかんせん曲が長過ぎ。3楽章はコラール風で2楽章と比べるとイメージしやすいかも。
アルミンク/新日フィルは好演。演奏するにも難曲だそうだが、最後まで聴かせた。ブラボーも貰っていたのはアルミンクの情熱の賜物だ。これだけの曲、最後は渾身の指揮だったが、それでも音を全く汚さないのがアルミンクらしい。たまにはギシギシいうような不協和音も聴いてみたい。
アルミンクは演奏会に先立つインタビュー(新日フィルHP)でシューベルト、ブルックナー先取り説を展開していた。今日の3番の3楽章もブルにありそうな音型が繰り返されていた。ほかには・・・と考えると、もしかして未完成の1楽章はブル7の2楽章?グレートはブル8だろうか?そんなことを考えるとちょっと楽しい。

以上


| | Comments (229) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »